Search
Search Menu

プロジェクターの解像度は

セミナーやイベントなどを行うことが多い人は、プロジェクターを使うことも多いです。

プロジェクターは、スクリーンに画像を映写できる機器のことで、大画面で映像を楽しむことができます。

プロジェクターを選ぶ時に、プロジェクターの解像度を参考にして選ぶ人も少なくありません。

解像度が高いと、画像も鮮明になります。

プロジェクターの解像度は、パソコン画面やデジタルカメラで使われるケースと同じような意味を持ち、解像度が高ければ、表示できる情報量が多くなるので、鮮明な映像を映し出すことが可能になるのです。

解像度は、縦と横のドット数で表記されます。

画素数の数値が大きいほど、点の数が多くなり、より細かな表現ができるようになるのです。

フルハイビジョンと4Kの画素数を比べてみると、4Kはフルハイビジョンの4倍も高精細になります。

パソコンを使う場合、パソコンの解像度が低いと、適切な映像を映す出すことができません。

ですから、パソコンで出力する場合は、パソコンとプロジェクターの解像度を合わせることが必要なのです。

画素数は、画面がどのくらいきめ細かいかという指標となります。

プロジェクターを使う場合は、目的に合った性能を持つ製品を使うことが大切です。