Search
Search Menu

プロジェクターの規格について

プロジェクターは、映像をスクリーンに映し出す装置のことで、仕組みとしては映画のように装置から発せられた光による映像をスクリーンに投影することで、大画面に表示させることができるというものです。

現代のプロジェクターは、主にパソコンなどの画面を表示させるために使われており、それぞれ規格化された映像出力を利用することができます。一般的に映像出力に使われる規格として、現代の機種で幅広く使われているのがHDMIです。また古いVGAやRCAも使うことができる機種もあります。一方でパソコンなどの場合、ソフトウェアをインストールしてUSBを使うといったことも可能です。

一方で投影するスクリーンにはサイズ規格が用意されています。実際にはプロジェクター側でサイズの調整が可能なので、サイズ以上の投影も可能ですが、対応した大きさ以上になると明るさが足りなくなって白っぽくなり見えにくくなります。画面サイズは最低50型から450型まで用意されています。一方で投影する映像によって縦横の比率が変わるので注意が必要です。NTSCタイプであれば、50型で1016ミリ✕762ミリなのに対して、同じく50型でもHDタイプでは1107ミリ✕623ミリと横長の長方形になり、縦のサイズが縮小していきます。