Search
Search Menu

プロジェクターのルーメンとは

便利なプロジェクターは、会議やセミナー、イベントで活用されることが多いです。

プロジェクターには様々な種類があり、用途に合わせて選ぶことが大事です。

スクリーンで選ぶ人も多いです。

適切なプロジェクターを選ぶことで、演出を効果的に行うことが可能となります。

プロジェクターの性能を表すのが輝度で、その単位はルーメンです。

ルーメンは、光の量を計算する単位で、プロジェクター選びの基準となるものでもあります。

点灯させたローソクを1メートル先に置いた時に、手元で確認することができる明るさのことをルーメンと呼びます。

ルーメンの値が高くなるほど、明るい部屋であっても鮮明な映像を見ることができるのです。

プロジェクターを使う部屋の暗さによって、最適なルーメンの基準も変化します。

家庭用の製品であれば、1000から2000ルーメン、業務用として使う場合は、2500ルーメン以上が目安となっています。

結婚式場やコンサート会場のように、会場の規模が大きくなると、さらに明るさが必要になります。

プロジェクターをどこで、どのように使うかによって、選ぶ製品も変わってきます。

イベントなどの状況に応じて、最も適切な製品を選ぶことが大事です。